カテゴリ:きもち( 12 )

子供の頃と言うか学生の頃からの夢

フライフィッシングの前に敢え無く散ったその夢を
四十歳までに達成しようと ずっと腹の底で企んでいた。

時間的に今しかチャンスは無い 明日から始動を決めた



父よ 遺言を聞かなかった息子ですまない

人生は一度きりなのだ
[PR]
by currencraft | 2006-05-28 21:25 | きもち

縁起でもない話


少し前 イブニング時の釣り場で豪勢なライズが始まり、友人たちと話が盛り上がりました。
こんなの見たら帰れないよね・・・と

私の持論で「親が死んでもイブニング」と言うのがありました 
危篤なら大急ぎで向かわなければなりませんが、
死んじゃったのなら急いでいっても もうどうにもならないので、
今あるライズをありがたく頂いてから駆けつければ良いのでは?と
(超不謹慎&バカ息子ですまん)

そんなバカ話していたらホントに急逝されて驚きました。 
冗談でもこういう話は止めておきましょうの例です。




夜 爪を切っていると「親の死に目に会えない」と言います。
迷信だよと普通に切ってましたが思いっきりそのとおりでした。これももう止めときます。


そういえばこの話、そういう意味でないと聞きました。

つまり親より先に自分が逝くんだよと言う意味もあるらしいです

そりゃ会えないですわな





日常での別れ際をすごく気にしてしまう。 
毎日会ってる人でも「もしかしたらこの人と会うのもこれで最後かも」 とか思ってしまって 
角を曲がって見えなくなるまでつい見送ってしまう

弱ってるなぁ 自分
[PR]
by currencraft | 2006-05-15 00:08 | きもち

風 その2


10年前

「風が変わった」 
湖畔でそうつぶやいた僕にその人は「スナフキンみたいな事言うわね」と言った。

自然と戯れる者なら普通に感じていることだが、一般人には分からないらしい。

そのうちその人は風のように去っていった



僕がいつも口にする「風」とは 日々の生活の中での流れ。

追い風の日もあり、向かい風の日もある。 
人生の、生活の、人の運命までもを左右するものだ。


そして今日 心地の良い南風が僕の中に吹いた。
[PR]
by currencraft | 2005-12-03 02:56 | きもち

勇気


体が震えるほどの興奮 
同じことを繰り返す日々の中では決して味わえない感動。
そんなシビレるような事がドコにでも転がっているんだなぁと実感している。


水辺では何年に一度かはそんな事もあるが・・ まさかね
「この感覚!たまらないよ」ってのは釣りをする人なら理解できる思う。



それを手にするには少しの勇気と幸運が必要

運を味方につけるのはその人の行いや人柄が左右すると思うが
勇気を出すのは自分の覚悟だけだ。

あぁ もう何度震えたことか。
いい加減に体もまいってきたが、これだけは譲れない

神様 あと少しの勇気を
[PR]
by currencraft | 2005-11-30 19:28 | きもち

ヘコミ

携帯電話が鳴る 

受話器の向こうの声は明るいが、内容は重い。

こちらも出来るだけ普通に対応する。


また幽体離脱中
[PR]
by currencraft | 2005-11-29 20:13 | きもち

Tight Lines!


「ピーンと張った糸」=魚が掛かった状態ですね

久々に心に響きました

張ってるのは緊張の糸でも良いし、
難しい魚を掛けた後のラインでもいいだろう
なんかこう釣り人の粋な挨拶って感じが好きだ。(複数形もオシャレ)

「良い釣りを」「幸運を」 って意味らしいけど 
個人的には「気を抜くなよ」 って聞こえる

気に入っててしばらくは口にします うざがらないでね


d0063538_2151191.jpg

[PR]
by currencraft | 2005-11-28 21:51 | きもち

さあ 大変だ

何でこう オレの人生ってネタに困らないのかな?笑


人って自分のキャパを超える状況下に置かれた時 どういう精神状況になるだろう?

宝くじ一等当選(イイね)とか、事故、病気、死 etc・・・

誰にでも起こりうる大きなアクシデントの数々



そんな突然のトラブルに見舞われると普通パニクってしまうだろう

ところが自分の場合は「客観的に見てるもう一人の人間」 になってしまう 
幽体離脱(したことは無いが)してる感じって言うのかな。

なので現実を受け入れられるまでしばらくかかる。



今はそんな状態  ショックでも悲しくも怖くも無い 



そんな中、降りかかる仕事を淡々とこなしている自分が頼もしくさえ思える。 
冷酷な人間のかな?とも思ったが、そんな余裕もすぐ吹っ飛んだ。


さあ 忙しくなるぞ


大丈夫 オレは強い
[PR]
by currencraft | 2005-11-25 02:44 | きもち

最初から負けを宣告された勝負。 

はっきり言ってどうにかなるとは思う。
人より無駄に遊んできた分、何も無い奴らより人生を楽しむ引き出しは多い。 
光はわずかながら見えている。

失うものが無いから 捨て身にもなれる。
恥も外聞もないんだから強いさ。


しかし その先に踏み出す気力が無い 




「なんなんだろう?」

 


「どうしたんだ?オレ」






自転車に乗った 
  

つい うつむきがちになる  
嫌でも前を見ないと転倒してしまう。  

ゆっくり歩くなら下を見てても進める

走るには顔を上げよう 
[PR]
by currencraft | 2005-11-23 00:45 | きもち

風が吹いた
[PR]
by currencraft | 2005-11-19 21:10 | きもち

ふぅ~

思いとは裏腹な行動



ライズしてるヤマメにドキドキしながらキャストする。

大抵力が入りすぎてラインで水面を叩いてしまったり、
予想とは外れたところにミスキャストしてしまうものだ。


ところが、たまに神がかったような風が吹いて理想のレーンに押し入れてくれるような事もある。


今日はそんな一日だったのだが・・・


 
このもどかしさ。

川原なら竿を折って地団駄踏むところだ。
自分の情けなさに暴れたくなる。

緊張のあまり吐き気までしてくる始末。 
そういえば最近食欲もなくなってきたな



今夜は長い夜になりそうだ しかし今日で終わりにしよう  明日こそ
[PR]
by currencraft | 2005-11-17 19:42 | きもち